【カフェイン断ち離脱症状】その後一か月

※当ブログはアフィリエイト広告を掲載しています
※当ブログはアフィリエイト広告を掲載しています
mind and body

こんにちは あき です

カフェイン断ちをはじめてから翌日に、離脱症状がやってきました

朝から頭が痛い

そんなにたくさんカフェインを摂っていないかったから、離脱症状はないだろう

と思っていましたが、やっぱりありました

その日は一日中頭が痛くて、つらかったですが

翌日からは、頭痛はなくなっていました

ひどい方は三日くらい続くらしいので、軽いほうだったと思います


カフェイン断ちの離脱症状
カフェイン依存
カフェイン断ち一か月後の変化

このようなことを知りたい方に、おすすめの記事です

カフェイン離脱症状


毎日たくさんカフェインを摂っていて、突然やめると 頭痛 眠気 疲労感 不安 神経過敏等

離脱症状がでる可能性があります

特に、頭痛は出やすいです

頭痛がつらくて頭痛薬を飲むと、頭痛薬にカフェインが
入っている薬もあるので、気を付けて

長期間、日常的にたくさんカフェインを摂っていると、カフェインに依存している状態になります

薬物依存と同じで、カフェインをとらないと、カフェインを摂りたくなります



以前の私は

朝、体が重だるい、目が覚めない、集中力がなくなる、やる気がでない、昼食後に眠くなる

のをカフェインを摂ることで、頭がスッキリ元気になっていました

カフェインに肉体的・精神的に依存していたんですね


カフェインを摂り続けた期間が長いほど、カフェインの摂取量が多いほど

離脱症状も強く出ると言われてます


私は自然とカフェイン量の多いコーヒーをあまり飲まなくなって

緑茶を一日に二杯程度、飲むようになってからカフェイン断ちをしたので

一日の頭痛ですんだのかな、と思っています



少しでも、離脱症状をやわらげるには、少しずつカフェイン摂取を減らして

いくといいです


一か月カフェインを摂らなければ、依存性がなくなり、離脱症状もなくなります


カフェイン依存になりやすい理由


なぜ、カフェインを摂りたくなるのか?

私達の脳内では、アデノシン受容体という箇所に、アデノシンという物質が結合することで

疲労を感じることができます

なので私達の脳は、疲れたら、疲労を感じさせて体を休ませようとします


ここで、カフェインを摂ると

カフェインはアデノシンという物質と科学構造がにているため、アデノシン受容体

カフェインが結合してしまい、アデノシンという物質アデノシンが受容体に結合できなくなるため

神経を興奮させます


ちょっとややこしいですね


簡単に言うと

カフェインを摂ると目が覚めたり、集中力が高まったり、やる気がでたりして

疲労を感じなくなり、体は無理をして働きます


カフェインで無理やり元気なったように錯覚させ、また眠くなったり、やる気がなくなってきたら

カフェインを摂る のを繰り返すと、カフェイン摂取量がどんどん増えていくのです



そしてカフェインを摂取し続けていくと、だんだん体が慣れていき

少量のカフェインでは効かなくなっていきます


ますますカフェインの摂取量が増えていき、依存してしまします


カフェインで疲労感をブロックしても、体の疲労は
残ったままなのよ


カフェイン断ち一か月後


カフェイン断ちをしてから、一か月がたちました

夜中に目が覚める症状は、すぐになくなりました

たまに、明け方目が覚めてトイレに行くことがありますが、その後また眠れます


他の変化では、以前は自分の時間を楽しむためだったら、夜の12時まで寝なくても平気でしたが

今は、夜の10時近くになるとすごい眠気がきて、10時半にはお布団に入ってしまうようになりました

だいたい、朝まで眠れます

ただ、5時頃には目が覚めます


年齢的に、長い時間は眠れなくなってしまいましたが、目覚めもよくて体も重くありません


つまり、カフェイン断ちをしたら、早寝早起きになってしまいました

カフェイン断ちデメリット


カフェイン断ちをして、困ったのは飲み物が少ないこと

気分転換やリラックスしたい時

自宅では白湯やノンカフェインのお茶を飲みますが、外出先だとノンカフェイン飲料は

メニューに少ないです


甘いジュースより、スッキリした味わいの
お茶が恋しくなるよ

私が飲んでいたコーヒー・紅茶・緑茶などは、香り・味わいなどは

カフェインの影響の他に、リラックス効果があるんです


コーヒーは、香りの効果でリラックスして癒されます

お湯を沸かして、豆を挽き、お湯を入れるといい香りが部屋中にひろがります

飲むための準備が楽しい作業になります


緑茶・紅茶、温かいお茶を飲むとほっとします

また、緑茶・紅茶に含まれるテアニンがリラックスさせてくれます


ちょっと気分転換したい時、休憩したい時などカフェイン断ちをしていると

飲み物が限られてくるので、寂しさを感じます

さいごに


カフェイン断ちをして、睡眠が改善されてうれしいですが


みんなで集まって食事や会話をする時、コーヒーやお茶をみんなで飲むのも

楽しいです

それは、みんなで食事や会話をすると幸せホルモンと言われている

オキシトシンがでるからです


カフェイン摂取は適量であれば、健康に影響はないと言われています



適量は個人差があるので、自分の心と体のここちいいカフェインの摂取量をみつけて

楽しいお茶の時間が楽しめたらいいなと思っています


【参考】
農林水産省 カフェインの過剰摂取について

eo健康 カフェイン断ちの効果とは?離脱症状を抑える正しいやり方

全日本コーヒー協会  香りから生まれる、「癒し」、「集中力」。COFFEE BREAK

太陽化学株式会社  お茶の成分でリラックス?~睡眠・抗ストレス・L‐テアニン~

STUDY HACKER  オキシトシンとは?効果&分泌を増やす方法まとめ